1.練功十八法の特徴

練功十八法は誰にでも簡単にできる中国健康保健体操です。健康維持・健康づくりのために、中高年層・高齢者の方でも無理なく始められる健康運動・呼吸体操です。

1)練功十八法は、老若男女を問わず、音楽に合わせ、誰でも、どこでも、いつでも、気軽にできる、リラックス効果のある呼吸体操です。

 

2)練功十八法は、中国上海市で著名な整形外科医である荘 元明老師が、首、肩、腰、足の痛みを持つ患者の多さに直面し、この痛みを取り除く新しい方法を探究し続けて編み出した、3種類の健康づくり体操です。

 

3)前段、後段、益気功の3種類があり、約15分ずつの短い時間で最大の効果が上がるように考えられています。それぞれ18節ずつ、全部で54の動作があります。

 

4)この体操の特徴は、自己鍛錬することで身体の諸機能の働きを良くし、病気にかかりにくい丈夫な身体づくりをする、ということです。ツボの刺激やマッサージがあるのも練功十八法ならではのユニークな点です。

 

5)中国では「中国ラジオ体操」「太極拳」と共に中国三大国民体操として認められ、次第に世界各国に普及し、国際交流大会も開催されています。上海市の無形文化遺産に登録されています。

◆それぞれの特徴と効果


 

 

【前 段】

<特長と効果>

首、肩、腰、足の筋肉をほぐす効果のある、比較的軽めのストレッチ体操です。

<主な対象>

 

初めての方

日々の生活の中で



 

 

【後 段】

<特長と効果>

関節を緩め内臓の緊張をほぐす、ストレッチ効果と自己マッサージ効果のあるバランス体操です。

<主な対象>

 

体力のある方

スポーツ後 



 

 

 【益気功】

<特長と効果>

呼吸を重視し、呼吸機能を無理なく向上させます。ツボ押しマッサージ効果もある体操です。

<主な対象>

 

中・高齢の方

体力に自信のない方 



◆練功動作のサンプルを見る

練功十八法の動きがどんなものか,前段の3つの動作を確認いただけます。

2.六調健康づくりと練功十八法

古来中国医学においては、健康づくりの源が六調(りくちょう) : 「調心、調身、調息、調膳、調眠、調徳」にあるとしています。

下図は、この六調の相互関係について示したヘルス・ダイアモンドです。この六調を毎日の生活で実践することが、健康づくりの基本と考えられます。 

腹式呼吸を重視し心身を整える練功十八法は、六調健康づくりの考え方にもかなった健康運動です。

ヘルス・ダイアモンド