練功十八法のご紹介

練功十八法は誰にでも簡単にできる中国健康保健体操です。特に中高年層・シニア層・高齢者が健康維持・健康づくりに無理なく始められる健康体操・健康運動です。

1)練功十八法とは、老若男女を問わず、音楽に合わせ、誰でも、どこでも、何時でも、気軽にできる、リラックス・呼吸体操です。

 

2)この体操は、中国上海市で著名な整形外科中国医師である荘 元明老師が、首、肩、腰、足の痛みを持つ患者の多さに直面し、この痛みを取り除く新しい方法を探究し続け、三組の健康づくり体操である練功十八法を編み出したものです。

 

3)中国では「中国ラジオ体操」「太極拳」と共に中国三大国民体操として認められ、次第に世界各国に普及しつあり、年々国際交流大会も開催されています。現在、上海市の無形文化遺産に登録されています。

 

4)この体操の特徴は、自己鍛錬することで、身体の諸機能の働きを良くし、損なわれた機能を回復することができ、病気にかかりにくい丈夫な身体づくりをする予防医学の運動処方です。

 

5)皆様の身体の状態に合わせて、前段、後段、益気功の3コースがあり、各コースとも約15分の短い時間で、最大の効果が上がるように各18種類の簡単体操(54種類の動作)を組んでいます。

◇各コースの特長と効果


 

1コース

【前段】

<特長と効果>

首、肩、腰、足の筋肉をほぐす効果のある、比較的軽めのストレッチ体操です。

 

<主な対象>

 

初めての方

日々の生活の中で



 

2コース

【後段】

<特長と効果>

関節を緩め内臓の緊張をほぐす、ストレッチ効果と自己マッサージ効果のあるバランス体操です。

<主な対象>

 

体力のある方

スポーツ後 



 

3コース

【益気功】

<特長と効果>

主に中高齢の方の呼吸機能をムリなく向上させる、ツボ押しマッサージ効果もある呼吸体操です。

<主な対象>

 

中・高齢の方

体力に自信のない方 



◇練功動作のサンプルを見る

練功十八法の動きがどんなものか,前段の3つの動作を確認いただけます。

六調健康づくりと練功十八法

古来中国医学においては、健康づくりの源を六調 : 「調身、調心、調息、調膳、調眠、調徳」にあるとしている。

下図は、この六調の相互関係について六種類の健康づくりの方法を示したヘルス・ダイアモンドである。この六調を毎日の生活で実践することが、健康づくりの基本である。 

健康づくりの方法は、この六調バランスの具体化が大切である。すべての社会的な事象と運動・栄養・休養が一体となって、総合的にホリスティックな健康状態の淘治によって、健康づくりが達成されるようである。

その点、練功十八法は、上記の六調健康づくりと総合的な基本的健康づくりの1つと考えられる。

六調とその具体的な活動のヒントを確認するにはコチラから