練功に関する資格

練功の指導資格には、 

本協会が認定する資格と、上海練功十八法協会により認定される資格とがあります。 

各資格を取得するには、受験条件を満たし、かつ、資格試験に合格する必要があります。

1.練功普及指導員 (インストラクター)資格を取る(本協会認定資格)

1コース・前段、2コース・後段、3コース益気功の各講習会・研修会を受講すると、練功普及指導員(インストラクター)資格試験を受験することができます。 

基本動作と動作要点を習得し、音楽だけで、基本通り動作をこなせるレベルに到達し、かつ練功十八法に関係する筆記と実技試験に合格した方を資格認定します。

研修会は毎月行っています。 

2.練功健康指導士(リーダー)資格を取る(本協会認定資格)

練功普及指導員(インストラクター)の認定者で、普及指導員研修会(講習会)全科目をさらに6回以上受講し、指導員として優秀であると協会より認められた場合に「練功十八法並びに六調健康づくり」の特別研修会を受講ができます。

熟練した実技並びに健康づくり理論を学ぶ特別研修会を受講すると、練功健康指導士(リーダー)資格試験を受験することができます。 

実技と理論の両面で構成する本資格試験に合格した方を「練功健康指導士(LHL)」として資格認定します。

※ (LHL:Liangong Health Leaderの略、健康指導士をリーダーと呼ぶ) 

3.公認指導員資格を取る(上海練功十八法協会認定資格)

練功健康指導士(リーダー)認定者は、認定一年後以降に、本協会への貢献度などを審査します。 

審査の結果、指導士として優秀であると本協会より認められた場合に「公認指導員」の資格試験を受けることができます。 

本資格試験は、練功普及方法と高度な実技の特別講習の受講及び、練功十八法前段・後段・益気功表演の撮影、上海練功十八法協会による審査をもって資格認定されます。 

資格保有者の方は,以下のコチラからご確認ください。